わっとさんの株日記

株式投資の軌跡

億投資家勉強会

先日久しぶりに塾の勉強会に参加できました。

億を達成されている方の勉強会です。

 

新高値ブレイク投資塾では、普段生活しているだけではお会いできる、

お話を聞けるチャンスが無い億り人の方の話が聞けるって事がすごいメリットがあります。

今回の勉強会は、投資に対する心構えとか、基本となる事をしっかりと

学べてとても良かったです。

 

自分用のメモとしてまとめておきます。

・株価と金利とは関係がある。金利が上がり始めれば株価もあがる。

・時代は繰り返す。相場が良い時に上がるセクター、悪い時に上がるセクターがある。これは繰り返す。

・相場が良い悪いで投資法は変えない、セクターを変えるだけ。

・タイミングはテクニカルが大事だが、結局ファンダが一番大事。

・S&P500は年率5~8%で上がり続けている、損をしている人を探す方が難しい、

 給料は年率5~8%上がるか?

・専業投資家といえど、時間は限られている為多くの銘柄を見れない。

 保有銘柄は多くは持たない。

・銘柄はしぼる。チャンスを待ってエントリーしていく。

・経営者が将来の見通しを語っているのは信じる。特に業績の良い企業の経営者。

・経営者だったら自分の会社の半年後、1年後の業績がどうなるかはわかるはず。

・週間集計データは必ず見る。特にどのセクターに資金が入り始めているかが分かりやすい。

・目標を決めて、そこから逆算してスケジュールを決める。

・年収1億稼ぎたい!という人は多いが、実際億稼いでいる人が日本に何人いるか知っている人は少ない。どのように稼いでいるかを調べるべき。

・銘柄選定は決算内容、そこからすぐ買いたいものか、チャンスをみてエントリーするのかを決める。

 

何度か出入して聞けていない所があるのが勿体なかったですが、録画されてたみたいなので、再度聞き直したいと思います。

 

改めて自分が目指す投資法とは。

今後業績が伸びる続ける企業を見つけ、ローリスクポイントでエントリー。

自分の予想通り動くのではあれば保有し続け、予想を下回れば手放す。

 

これだけなんですよね。

これが普通にできるように、日々鍛錬していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読書2

今日もミネルヴィニ先生

 

  • エントリー時には損切ラインを決める。
  • 目標株価を決める。
  • 仕掛け直しも必要。
  • 一度間違ってもファンダが良い銘柄は再びセットアップにかかる事が多く、その方がしっかりしている。
  • 20%以上の含み益が出る銘柄を最終損益で終わらせない。
  • 損切りポイントを決めて、利益が出だしたら損益ゼロポイントを決める。
  • 最終は利益を守る。
  • 最も良いトレードはベースブレイク後出来高大にて数日間上昇し続ける事。
  • 好ましいチャートパターンから上放れた後は、数日間から数週間に起こる数回の押しは必ず支持線にぶつかる。
  • テニスボールの様に跳ね上がる。
  • エントリーポイントから一旦下がるかもしれないが、テニスボールになるかの見極め。

 

今日はここまで。

読書1

今年に入り株関連の本を読む事を心がけていますが、

私は覚えるのが遅いので、多くの本を読むより同じ本を何度も読む方が好きです。

優先は塾推奨本ですね。

なので、今はミネルヴィニ先生の「株式トレード 基本と原則」を読み直しています。

これ何度目だろう・・・。

塾長がおっしゃるように、自分のレベルが変われば同じ本を読んでも理解度が違ってくるし、重要だと思うポイントも変わってきますね。

 

 

  • 株価が上昇している時に売り抜ける。結局その方が高く売れている場合が多い
  • 目先だけではなく「大局」を見る
  • 株価が上昇トレンド後期のステージかどうかを見極める
  • 上昇の初期であれば、大きく上がるかを見極める
  • 大幅な上昇の90%以上は調整局面から始まる
  • 第1から第2ベースからの上放れがベスト
  • 第3から第4ベースでは短期トレードになる事が多い
  • 第5から第6ベースではだましに終わることが多い
  • 週足にてベースの数を数える事が必要
  • 後期のステージは人目に付きやすく注目を浴びている、潜在的な売り手が多くなる
  • エントリーする際は当時のPERを覚えておく
  • 大口の投資家は上昇中に売り抜ける
  • 第2ステージ始まって以来の大幅下げは売りシグナル(間違っても買いのチャンスと思わない事)
  • 損切りラインの上げ時は、50日移動平均線がエントリー金額に達したら、エントリー金額まで上げる

 

 「株トレードで大事なことは、自分が勝った時の株価よりも高く売る事!」

 

塾ですでに教わっている事が多く含まれていますが、重要な事は重要なんです。

  

ルーティーン

今年からルーティーンを増やしました。

 

・毎月、月終わりに成績結果を必ず検証する。

・塾長の週末動画を見る前に、今の目標を10個紙に書いてから見る。

・その目標を書いたあと、新しく始める事を1つ書く。

 

です。

特別な事は何もないですが、出来る事から始めてみようと思います。

 

ブログ利用について

久しぶりに書いてみます。

なんかブログって書くまでに時間がかかるというか、手がなかなかつけられないです。

 

折角機会を頂いたので、やはり有効活用したいと思い、Twitterの延長上として利用しようとか思っています。

Twitterは書ける文章も短いので、ツイートよりちょい長めとして利用していこうかと思います。

復帰

こんばんは、わっとです。

 

先月は色々な失敗をしてしまったので、一旦ノーポジで取引の振り返りをしていました。

その結果、銘柄選定とエントリー時のマイルールを見直しました。

 

・ 時価総額300億円未満のエントリー(300億円台は銘柄によって含む)

 

 コロナショック後の上げ相場では時価総額関係なく上がるものは上がると思い、

時価総額関係なしで銘柄をチェックしていたのですが、やはり兼業投資家である自分にとっては、量が多すぎで効率が悪かったです。

もちろん利益を頂けた銘柄もあったのですが、今後の事を考えると、足元を見直し時価総額しばりに戻します。

 

・ 株価3,000円未満のエントリー

 

こちらは非常に迷いましたが、価格を決めました。

基本損切りを10%未満かボックス下限にしているのですが、3,000円台の最低単元を買って10%損切だと30,000円の損となります。

自分の資金を考えた際に割合のリスクが高いです。

10,000円台だと100,000円とか。

こちらについてはローリスクエントリーポイントで入れる確率が高くなるまで守ります。

 

・ テクニカルVCPを探しタイミングをじっくり待つ

 

ここ最近はテクニカル動画と課題に時間を費やしています。

振り返りの結果、エントリーポイントが悪すぎて損切り祭りで損をしています。

予めリスクの金額を把握はしてますが、続くと結構きついです。

 

気になっている銘柄のチャートをじっくりと分析し、最適なエントリーポイントに

なるまで急がず待ち、ポイントが来たら逆指値注文をいれます。

 

 

以上、3点が改善点なのですが、

改めて見てみると基本的な事ですね(汗

なんでこんな事が分からなかったんだろうと反省しています。

 

 

その結果なのか、現在3銘柄保有で1日おきにブレイクしてくれています。

偶然かもしれませんが、エントリーポイントは悪くなかったかなーと思っています。

 

 

しばらくはまだテクニカルを勉強していきます。

ですが、一番重要な事は「ビックチェンジ」のある銘柄を探す事なので、

ファンダ部分についても再度勉強しなおす必要もあります。

 

時間が足りないなー。